薬剤師になる2つの方法

薬剤師になるためには、方法は実は2つあるのです。もっともよく知られている薬剤師になる方法は、6年制の薬剤師養成課程に入学することから始まります。

学科は、薬学科や、漢方薬学科、健康薬学科、医療薬学科などです。そういった学科の大学に6年間通学し、無事卒業すれば薬剤師国家試験を受験するための受験資格が与えられます。そして、卒業後、薬剤師の国家試験を受験して、無事薬剤師国家試験に合格することによって、薬剤師としての免許が与えられます。

もう1つの方法は、まず、4年制の大学の薬学過程に入学することからはじまります。学科の名前は、薬科学科や創薬科学科、それから生命創薬科学科などがあります。そういった大学を卒業した後、薬剤師の国家試験の受験資格を得ることができる一部の大学院へと進学します。ただし、この方法は2017年まで認められている方法です。

そして、大学院において、薬剤師国家試験の不足科目を履修し、実務経験を1年間~2年間積んでいきます。その後、薬剤師国家試験を受験して、その試験に合格すれば、薬剤師としての免許を取得することができます。かつては、薬学部は4年制でしたが、日進月歩の医薬品の開発などによって、6年間の勉強を経て、はじめて国家試験を受験することができるようになりました。

薬学部の場合、短期大学や専門学校などはありません。6年間、薬剤師国家試験を受験するための知識を得てからでないと、受験することさえ許されないのです。

<関連情報サイト>
勤務地や年収で求人情報を検索できる薬剤師限定の転職サポートサイトです → 薬剤師 転職